2005年09月04日

RetinAクリームの効果

 現状では、効果の持続性はなく、クリームを使用している間だけに効き目はあります。
そのため、使用しなくなると、皮膚は元の状態に戻ってしまいます。

<RetinAクリームの効果>
 1.紫外線によってできたしみを目立たなくする。
 2.しわを目立たなくする。
 3.皮膚の血液の循環を良くする。
 4.老化により薄くなった皮膚を元に戻す。

投稿者 fushio : 14:36 | コメント (0)

RetinAクリーム

 RetinAクリームは、アメリカでにきび専用薬として使用されていましたが、
しみやしわ取りの効果があることが判明しています。

 しかし、副作用については未確認状態です。 そのため、アメリカではしわ取り専用クリームとして
使用する許可は出されていません。日本での販売は未定です。

投稿者 fushio : 14:35 | コメント (0)

エストロゲンと副作用

 エストロゲンを使用した際に見られる副作用には、クリームを塗ることによるかぶれや刺激感が
あります。 また、体内に吸収され子宮ガンが起こりやすくなる可能性があります。

 高い濃度のエストロゲンを長時間使用すると、子宮ガンになりやすいのですが、
現在販売されている化粧品のエストロゲンは、薬事法により少量に制限されています。

投稿者 fushio : 14:33 | コメント (0)

エストロゲンの効果

 エストロゲン入りのクリームは、乾燥が原因でできる、浅く細かいしわに効果があります。
しかしながら、皮膚の老化によるしわ、皮下脂肪の減少でできるしわには、効果が見られません。

 また、エストロゲンが含まれていない保湿剤を使った場合の効果との違いも、
明確には判明していません。

投稿者 fushio : 14:32 | コメント (0)

エストロゲン入りのクリーム

 エストロゲンとは、女性の卵巣、胎盤、副腎、また男性の精巣で生成され、
骨の発育も助けるホルモンです。

 このエストロゲン入りのクリームは、皮膚の代謝を活発化させ、みずみずしい肌にする効果があるという
報告があります。

 また、日本薬事法でも化粧品配合が可能な特殊成分(エストラジオール、エチニルエストラジオール、
エストロン)として認められています。

投稿者 fushio : 14:31 | コメント (0)

額のしわ取り手術

 額のしわは、「眉間のしわ」と、「眉に平行して出来る横じわ」があります。
手術ではメスを使用するため直接麻酔をします。また、時には入院が必要になることもあります。

 ●眉間のしわの手術・・・しわのある部分の皮膚を切り取り、縫い縮めます。
 ●横じわの手術・・・・・・・しわがある箇所の髪の生え際を切り取り、縫い縮めます。
               そのため、傷跡は目立ちません。

投稿者 fushio : 14:30 | コメント (0)

しわと皮膚病

 目じりなど目の周りに出来る浅く細かいしわは、乾燥によるものと、
皮膚病(接触皮膚炎、脂漏性皮膚炎)によって出来るものがあります。

 皮膚病の場合、内服療法・外用療法で、皮膚炎を治療することにより、しわを減らすことが出来ます。

 笑った時や話す時にできる表情じわは、年を重ねるごとに深くなるため、しわを取るには
手術が必要です。

投稿者 fushio : 14:29 | コメント (0)

マッサージの注意点

 素肌のままマッサージすると、こすりすぎにより皮膚が荒れてしまいます。
そのため、マッサージ専用のオイルやクリームの使用をおすすめします。

 また、筋肉の動きと垂直に出来る「表情じわ」のマッサージをする際は、しわの方向に注意しましょう。

 ○表情じわに平行してマッサージしましょう。
 ○しわに垂直方向にマッサージすると、逆にしわが目立ちますので、気をつけましょう。

投稿者 fushio : 14:28 | コメント (0)

マッサージの効果

 マッサージにより、しわを取ることは出来ません。 また、しわ予防の効果もありません。

<マッサージの効果>
 1.皮膚の血行が良くなるため、肌の色がきれいになる。
 2.精神的な疲れが取れて、リラックス効果がある。
 3.マッサージで使用する保湿クリームにより、肌がしっとりとする。

投稿者 fushio : 14:27 | コメント (0)

しわとパッティング効果

 パッティングは、しわ予防やしわ取りに直接的な効果はありません。

<パッティングの効果>
 1.血液の循環がよくなり、肌の色が良くなります。
 2.パッティング時に使用する保湿剤やクリームが、皮膚に潤いを与えます。
 
※いずれも一時的な効果です。

投稿者 fushio : 14:26 | コメント (0)

紫外線からの予防

 紫外線は、しわを作る最も大きな原因となります。
肌のハリや弾力をつくる皮膚の線維を変質させ、老化を早めてしまうからです。

 紫外線予防には、サンスクリーン剤、日傘、帽子、サングラスなどを使用して、
直射日光に当たらないようにする注意が必要です。

 また、紫外線は、朝10時から午後の2時までの間に、最も多く降り注いでいるので、
外出の際は、紫外線対策を心がけるようにしましょう。

投稿者 fushio : 14:24 | コメント (0)

手の小じわ

 手に出来る小じわの原因は下記3点ですが、乾燥や手荒れによる小じわはお手入れにより
取ることができます。

<手の小じわの原因>
 1.加齢で、皮膚が薄くなることにより発生するしわ
 2.紫外線の影響で、皮膚のハリを作っている線維が変質して出来るしわ
 3.皮下脂肪の減少 → 太っている人は手のしわは出来にくい。

投稿者 fushio : 11:57 | コメント (0)

しわ取りの専門医

 しわ取り手術を希望する場合は、皮膚外科、形成外科、美容外科などで行われ、手術の方法は
様々です。

 皮膚のたるみが原因でできる、あご、頬、額のしわは、専門医による手術によって取ることは
可能ですので、医師と相談しながら決めましょう。

 しかしながら、健康保険は使用できません。

投稿者 fushio : 11:56 | コメント (0)

しわが出来やすい方−2

  しわは、それぞれの生活習慣でも、違いが発生します。

 ●スキンケア・・・日常のスキンケアで、洗いすぎたりこすりすぎたりすると、
           皮膚は乾燥してしわができやすくなります。

 ●ダイエット・・・無理なダイエットで急にやせると、ハリを作っている皮下脂肪がなくなり、
           皮膚のたるみやしわの原因となります。

 ●表現じわ・・・喜怒哀楽にて出来るしわは、表現豊かな証拠で、とても魅力的なしわです。

投稿者 fushio : 11:54 | コメント (0)

しわが出来やすい方−1

 しわには、体質的な個人差や生活環境により違いがあります。

●色白の方・・・日光に当たると皮膚が赤くなる色白の方は、紫外線の影響で皮膚の老化は早く、
          しわができやすい傾向にあります。

●生活環境・・・紫外線の多い地域では、皮膚の老化・障害の発生が高くなります。
         子供時代に浴びる紫外線量は大人になってから、大きく影響します。

投稿者 fushio : 11:53 | コメント (0)

しわとお化粧

 お化粧は、直接しわの原因とはなりません。
お化粧は、紫外線を反射し吸収するので、しわ予防の1つになります。

  しかし、皮膚に合わない化粧品により肌荒れを起こし、しわが出来る場合があります。
また、洗顔時の洗いすぎにより、皮膚が乾燥して、しわの原因となることがあります。

投稿者 fushio : 11:52 | コメント (0)

弾力とはりの減少

 皮膚のハリや弾力を保持している「弾力線維」と「膠原(こうげん)線維」は、紫外線を浴びることにより、
それぞれ変質してしまいます。そのため、ハリと弾力は失われ、しわが出来てしまうのです。

 なお、黄色人種である日本人は、白色人種ほど、紫外線の影響を受けることはありませんが、
それでも皮膚の老化防止に紫外線対策は欠かせません。

投稿者 fushio : 11:51 | コメント (0)

弾力とはり

 皮膚の真皮の主な成分に、「弾力線維」と「膠原(こうげん)線維」があります。
これらは、みずみずしいハリのある皮膚を構成する線維です。

 ●弾力線維・・・ゴムのように伸縮する性質があります。
 ●膠原(こうげん)線維・・・主成分はコラーゲンで構成されており、真皮の80%程を占めます。

投稿者 fushio : 11:50 | コメント (0)

小じわの予防

 小じわの原因は、皮膚の乾燥によるものです。
乾燥を防ぐためには、「保湿剤の利用」と、「洗顔時にこすり洗いをしないこと」を心がけましょう。

 また、紫外線に当たらないことも、小じわ予防にとても大切なことです。紫外線は子供の頃から
浴びているため、大人になってからの紫外線予防はとても重要になってきます。
 
 急な体重減少で皮下脂肪が減り発生したしわは、再度太ることで目立たなくなります。
なお、笑う時や話す時などの筋肉でできる表現じわは、美しいしわです。

投稿者 fushio : 11:47 | コメント (0)

しわと紫外線

 しわを予防する最も大事なことは、「紫外線を浴びないこと」です。

 サンスクリーン剤、日傘、サングラス、帽子、衣服などを使用して、直射日光が肌に当たらない工夫が
必要です。

 また、しわの80%以上は、紫外線による皮膚の老化が原因であるとの報告もあります。

投稿者 fushio : 11:46 | コメント (0)

しわの原因

 通常、しわは加齢によりあらわれ、個人差もありますが、具体的な原因は4点あげられます。

<しわの原因>
 1.感情表現からの筋肉の動き
 2.皮膚の乾燥
 3.皮下脂肪組織の減少
 4.真皮の弾力線維の変化

投稿者 fushio : 11:45 | コメント (0)