« しみと遺伝 | メイン | 口のまわりのしみ »

2005年09月01日

しみの治療法

 しみの中でも、日光角化症、老人斑、脂漏性角化症は、治療が可能です。

●電気凝固療法・・・熱によりしみを焼き取る治療法。しみはすぐに消去されますが、火傷と同じ症状で
            1週間程は痛みがあります。
●手術療法・・・・・・・メスでしみを切り取る治療法。切除したしみを検査することにより、                       ガンかどうかの確認も可能です。
●液体窒素凍結療法・・・しみを凍結させる治療法。
               しみは2週間ほどで、かさぶたとなって剥がれ落ちます。
●レーザー光線療法・・・レーザー熱でしみを分解する治療法。健康保険の使用は不可です。

投稿者 fushio : 2005年09月01日 23:40

コメント

コメントしてください




保存しますか?