« 内服薬としみの関係 | メイン | ぬり薬としみ »

2005年09月01日

内服薬としみ治療

 「発疹後色素沈着」と「肝斑」は、内服薬を服用することにより、消去できる可能性はあります。

 成分としてはビタミンCやSH製剤があり、過酸化脂質という有害な物質の生成を抑える効果が
あります。しかし、シミ治療としての効果は、現状では明確には判明していません。

【SH製剤】・・・SH酵素を保護する薬剤。真皮にたまったメラニンの処理を促進することにより、
         しみの色素を薄くする。

投稿者 fushio : 2005年09月01日 00:06

コメント

コメントしてください




保存しますか?