« 「指定成分」と「成分」の違い | メイン | 医薬部外品について »

2005年09月12日

「指定成分」記載の効果

 「指定成分」記載の義務付けにより、化粧品による皮膚の障害を未然に防ぐことが可能になりました。

 化粧品を使用してアレルギーが発生した時に、「指定成分」を参考にしながら、パッチテストなどで
具体的なアレルギーの原因成分を発見することができます。

 また、すでにアレルゲン(アレルギーの原因になる物質)が分かっている場合には、化粧品を
購入する際、使用されている「指定成分」を確認し、同じアレルギー症状の発生を防止できます。

投稿者 fushio : 2005年09月12日 01:12

コメント

コメントしてください




保存しますか?