« 皮膚測定技術の現状 | メイン | 「指定成分」記載の効果 »

2005年09月12日

「指定成分」と「成分」の違い

 化粧品に記載されている「指定成分」とは、皮膚トラブルの原因になる可能性がある成分です。
そのため、薬事法により「厚生大臣が指定した成分」は、化粧品の容器などへの記載が義務付けられて
います。
 
 現在、「指定成分」として指定されている成分は、色素、防腐剤、殺菌剤、香料など
約100品目あります。

 なお、「成分」は、化粧品の原料にあたります。

投稿者 fushio : 2005年09月12日 01:12

コメント

コメントしてください




保存しますか?