« 手のあかぎれの特徴 | メイン | 手のしもやけと注意点 »

2005年09月09日

あかぎれの予防と治療

 冬季に入ってからではなく、常日頃から、ハンドクリームをこまめに使用して皮膚の乾燥を防ぐことが
大切です。また、洗剤を使用する際は、必ずゴム手袋などを着用しましょう。素手で水仕事をすると、
肌の乾燥化が早まり敏感肌になってしまいます。

 あかぎれになってしまった皮膚は、専門医による治療が必要となってきます。ハンドクリームでは
治すことが困難なので、なるべく早く皮膚科医に相談しましょう。

投稿者 fushio : 2005年09月09日 12:20

コメント

コメントしてください




保存しますか?