« 日常の心がけ | メイン | あかぎれの予防と治療 »

2005年09月09日

手のあかぎれの特徴

 あかぎれは、冷たい空気や皮脂不足により皮膚が乾燥して、弾力性が失われ、皮膚表面の溝に
沿ってひびが入る状態をさします。また、ひびが悪化すると深い割れ目が生じます。

 あかぎれは夏でも肌荒れが起きていて、冬になると冷たく乾燥した空気により、皮膚はさらに乾燥して
症状は悪化します。

投稿者 fushio : 2005年09月09日 12:16

コメント

コメントしてください




保存しますか?