« 洗剤によるかぶれ | メイン | 洗剤を使用する時の注意点 »

2005年09月09日

洗剤かぶれの過程

 皮膚の表面は、薄い保護膜で覆われています。洗剤は、この保護膜を破壊するため皮膚の
抵抗力が落ち蓄積疲労がでてきます。

 そして皮膚は、乾燥、かさつき、赤みが発生して、ひどくなると、ただれが起きます。

 この症状を繰り返すことにより、皮膚は弾力性を失い、硬くなってしまいます。
そのため、冬は乾燥によりひび割れなどができてしまいます。

投稿者 fushio : 2005年09月09日 12:11

コメント

コメントしてください




保存しますか?