« 入浴剤の選び方 | メイン | こすり洗いは禁物 »

2005年09月07日

洗い方の注意点

 入浴時、体の洗う時は、洗顔と同じように、手でやさしくなで洗いすることが大切です。

 ナイロン製タオルやスポンジなどで、ごしごしこすり過ぎると、しみやしわができやすくなります。
洗い過ぎ(皮膚のこすり過ぎ)が原因で、起こる皮膚障害もあります。

 また、垢こすりも、皮膚に多大な刺激を与え、傷つけてしまいます。

投稿者 fushio : 2005年09月07日 21:10

コメント

コメントしてください




保存しますか?