« 色白の方のスキンケア | メイン | 皮膚と紫外線の反応 »

2005年09月04日

皮膚の色とメラニン

皮膚の色は、人種や遺伝により、個人差があります。
皮膚のメラニンの量や大きさが、様々な違いを生じるのです。

また、紫外線の影響で皮膚内の色素細胞が活発化し、メラニンが生成されると肌の色は黒くなります。

紫外線に当たらなくなると、色素細胞はメラニンを作らなくなり、すでにあるメラニンは古い角質とともに
垢となって自然に剥がれ落ちます。

投稿者 fushio : 2005年09月04日 14:45

コメント

コメントしてください




保存しますか?