« しみの種類−発疹後色素沈着 | メイン | 日光角化症と皮膚ガン »

2005年08月31日

しみの種類−日光角化症

 長い年月にわたり紫外線を浴びることにより生成される皮膚腫瘍です。紫外線が当たりやすい顔や
手の甲などに発生します。

 最初、しみの様に見えていたものが、急に変色したり皮膚が盛り上がってきた場合には、なるべく早く
皮膚科で相談することが必要です。

投稿者 fushio : 2005年08月31日 23:54

コメント

コメントしてください




保存しますか?