« レモンパックについて | メイン | しみの種類−老人斑・脂漏性角化症 »

2005年08月31日

しみの種類−肝斑

 頬、眼の下、鼻の上等に現れるしみです。
紫外線等の刺激により色素細胞が、活発化して、皮膚が黒くなります。

 妊娠がすると顔に出てくる場合が多く、出産後は良くなります。また、妊娠とは関係なく成人女性に
多く見られます。

投稿者 fushio : 2005年08月31日 00:50

コメント

コメントしてください




保存しますか?