« 紫外線とビタミンD | メイン | しみが出来る原因 »

2005年08月31日

お尻の肌について

 お尻は、顔の皮膚に比べて外気に触れることが少ないため、老化が最も遅い箇所です。
年齢を重ねてもお尻の皮膚は、ハリ、きめの細かさ、つや、色、柔らかさ等を保持しています。

 それに比べ顔の皮膚は、常に外気に触れ、紫外線を浴びた子供時代から老化が始まり、
若々しい肌の保持が難しくなります。

 お尻と顔の皮膚の違いが、紫外線の肌への影響力を明確にあらわしています。

投稿者 fushio : 2005年08月31日 00:26

コメント

コメントしてください




保存しますか?