« 皮膚ガンの増加 | メイン | 紫外線から守る能力 »

2005年08月30日

皮膚の修復能力

 紫外線は、様々な皮膚障害の原因になりますが、紫外線を浴びることにより必ずしも皮膚ガンになる
という事はありません。

 皮膚には元々、「DNA修復能」という修復能力が備わっています。
紫外線により皮膚細胞の遺伝子が傷つけられると、「DNA修復能」で皮膚を修復するのです。

 しかし、紫外線の当たりすぎや、身体の老化により「DNA修復能」が衰えると、
ガン細胞が増殖します。

投稿者 fushio : 2005年08月30日 01:23

コメント

コメントしてください




保存しますか?