« 紫外線による皮膚への障害 | メイン | 皮膚の修復能力 »

2005年08月30日

皮膚ガンの増加

 アメリカでは、紫外線が原因である「悪性黒色腫」が近年増加しています。
なお、悪性黒色腫は白人に多く見られ、黄色人種は少ない傾向にあります。

 <アメリカ白人の悪性黒色腫患者数と死亡者数の変化>

    患者数 死亡者数
  1975年 13000人 3800人
  1993年 32000人 6800人

投稿者 fushio : 2005年08月30日 01:22

コメント

コメントしてください




保存しますか?