« 時間や季節で変化する紫外線 | メイン | サンスクリーンの成分 »

2005年08月29日

メラニンとは

 メラニンは皮膚が紫外線を浴びると色素細胞が生成される顆粒状の物質です。
紫外線を吸収散乱し、強い紫外線から皮膚の炎症を防ぎ、皮膚を守る役割があります。

 日焼けした黒い肌とは、メラニンが沢山生成された肌ということになります。
また、最終的にメラニンは角化細胞へ移動して古い皮膚や垢と一緒にはがれ落ちます。

投稿者 fushio : 2005年08月29日 22:20

コメント

コメントしてください




保存しますか?