« 皮膚の働き | メイン | 皮膚の働き−分泌と排泄 »

2005年08月15日

皮膚の働き−体温調節

 皮膚には、体内の熱を放出する働きと、皮膚の表面を冷やす働きがあります。

●熱の放出
体温が上がると、皮膚内にある無数の毛細血管が太くなり、血液の流れが良くなります。
そのため、体内の熱が放出されやすくなります。

●皮膚の冷却
汗をかくことにより、汗が皮膚上の熱とともに蒸発し、皮膚を冷まします。

投稿者 fushio : 2005年08月15日 23:28

コメント

コメントしてください




保存しますか?